投稿穴スポ掲示板
イベント情報
(今月の開催予定)
(来月の開催予定)
観光スポット
役立つ◯得情報
旅日記
オススメ品
酒と料理
コラム
リンク
HOME
太宰府市の歴史
太宰府市全景
四王寺山から見た太宰府天満宮周辺の市街地です。大宰府の昔からの中心部です。
福岡県太宰府市
地図はこちら
歴史
太宰府といえば大宰府政庁跡や太宰府天満宮が有名です。歴史ある街ですが、市としての歴史はあまり古くありません。また大宰府政庁や水城大提のあるところは昭和30年までは水城村でした。昭和30年に太宰府村(大体天満宮付近の地域です)と水城村が合併して太宰府町となりました。このときは水城という名前を取るか、太宰府という名前を取るかで住民の間では結構論争になったようです。両方とも歴史ある名前ですからね。結局太宰府の方が有名だということで太宰府町になったようです。最も全国的に有名なのは「太宰府」という地名ではなく「大宰府」みたいですが。市に昇格したのは昭和57年のことです。
 市としてまとまったのは新しくても、この地域の歴史は古いです。弥生時代には卑弥呼が統率したといわれる伊都国が成立していました。  大和朝廷統一後の宣化元年(536年)には大宰府の前身といわれる那津官家が現在の博多区におかれました。そして白村江の戦い(663年)大敗後、防衛施設として水城大提、大野城が造られそれに守られた地に大宰府の都が置かれたといわれています。唯はっきりとした年月は分かっておらず、この説にはもっと昔から大宰府は存在していたとの異論もあります。  最初は軍事拠点として築かれた大宰府ですが、次第に大陸との交易を行う窓口や九州全体を収める役所としての性質を帯びるようになりました。
 天慶4年(941年)藤原純友に攻められ大宰府はいったん消失してしまいますが、その後再建されました。現在に残る礎石はこの再建されたときのものです。
 平家が滅び鎌倉幕府が出来ると律令制下の大宰府はその機能を停止し、500年にわたって栄えた「大宰府」は終焉しました。
 その後元寇のときに軍事基地となったりしましたが、戦国末期に高橋紹運公が岩屋城で玉砕したのを最後に、農村へと姿を替え「大宰府」は歴史の表舞台からは姿を消しました
写真紹介
写真
太宰府天満宮 
太宰府市のみならず、福岡県でも随一の観光客数を誇る名所です。菅原道真公を祀っており、全国の天満宮の総本宮でもあります。地図
写真
t九州国立博物館
平成17年に完成した日本で4番目の国立博物館です。体験型の博物館として人気が有り、多くの観光客が訪れています。地図
写真
観世音寺
 7世紀中ごろに建立されたとされる古寺です。九州でも有数の仏像彫刻の宝庫です。国宝の梵鐘は京都妙心寺の鐘と兄弟鐘といわれていて、日本最古と考えられています。地図
写真
大宰府政庁跡
約500年にわたって栄えた大宰府の行政機関の跡です。現在残っている史跡は10世紀中ごろに再建された大宰府政庁の第3期に当たるものです。都府楼跡とも呼ばれます。地図

観光スポット( 太宰府市・筑紫野市
旅日記・オススメ品( コミックDVD音楽ゲーム雑貨 )・酒と料理コラム

Copyright:(C) ANABA SPOT.All Rights Reserved.