投稿穴スポ掲示板
イベント情報
(今月の開催予定)
(来月の開催予定)
観光スポット
役立つ◯得情報
旅日記
オススメ品
酒と料理
コラム
リンク
HOME
筑紫神社
筑紫神社
筑紫野市では最も古い神社です。
福岡県筑紫野市大字原田
地図はこちら
歴史
古くは10世紀はじめに記された、「延喜式」に名神大社として登場します。祭神は筑紫大明神または白日別神(しらきわけのかみ)。この神様は五十猛命と同一とされていますが、白日別神と素盞鳴尊(すさのをのみこと)が同一という説もあります。この地には麁猛神(あらくたけきかみ)という神様がいて、通行人の半分を殺したので「人の命尽くしの神」といわれたとか、そのとき死んだものを葬るために作った棺で山の木が尽きてしまったので「筑紫(つくし)の国」とこの地方を呼ぶようになった、とか言う逸話を持つ大変物騒な荒神です。それを筑紫君と肥君が「筑紫の神」として祭ったというのが由来です。もともと近くの城山の頂上にあったものが麓に移されたものです。ただ残念ながら度々兵火に見舞われていますので当時の建物がそのまま残っているわけではありません。それでも神殿は(1662年)拝殿は(1712年)に建造されたもので、300年の歴史があります。配神として神武天皇の生母玉依姫命、征夷大将軍の坂上田村麿が祭られています。もしかしてこっちの方が有名かもしれません。五十猛命も父親が素盞鳴尊ですのでこの神社の神格はなかなか高いです。
一番有名なのは3月15日に行われる「粥卜祭」で、読んで字のごとく御粥で占いをする祭です。正月に奉納されたお米で御粥をたき、それを1ヶ月神殿の中におき、できたカビの具合で吉兆を占うと言うものです。市の無形文化財にも指定されています。その他には7月19日に夏祭り、10月20に秋季大例祭が行われます。
写真紹介
写真
東門
もともとの表門です。そばにある駐車場はお店の駐車場なので注意してください。
写真
南門
新しくできた南門です。もともとは裏門だったらしいのですが、こちらの方が新しくて立派なのと、駅から来るとこちらの方が目に付くというところから、なんだかこちらの方が表門らしくなっています。
写真
拝殿の中
中央に飾られているのは鏡です。
写真
拝殿
参道の途中にある配神を祭ってあると思われる拝殿です。

観光スポット( 太宰府市・筑紫野市
旅日記・オススメ品( コミックDVD音楽ゲーム雑貨 )・酒と料理コラム

Copyright:(C) ANABA SPOT.All Rights Reserved.