投稿穴スポ掲示板
イベント情報
(今月の開催予定)
(来月の開催予定)
観光スポット
役立つ◯得情報
旅日記
オススメ品
酒と料理
コラム
リンク
HOME
梅干
梅干
太宰府天満宮境内の梅の実を使った、ありがたい梅干です。
販売店はこちら
説明
 なぜ名物が梅干?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。確かに福岡は梅の産地ではありません。生産量ではベスト3どころかベスト5にも乗りません。それでも福岡県の県花は梅の花であり、県章もそれを模したものですし、太宰府市の市章、市の花も梅です。
 これは菅原道真公にまつわる伝説によっています。公が無実の罪で太宰府に左遷されたとき、幼いときから親しんだ京の紅梅殿の梅の木に「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花 あるじなしとて春なわすれそ」と歌われると、その梅の木は公を慕い、はるばる京から飛んできた、というものです。その梅の木は飛梅と呼ばれ、太宰府天満宮のご神木となっています。この伝説にちなみ太宰府天満宮には全国から梅の木が献上され、197種6000本の木が境内にあります。これらの梅の実で作られたありがたい梅干がこれなのです。
 梅の種類自体がが統一されているわけではありませんので、おみやげ物やさんによって違うものがあります。太宰府天満宮の境内で売られているものは、他のものより実が大振りなようです。さすがに紀州梅よりおいしいとは言いませんが、悠久の時を刻む梅の味ですよ。

観光スポット( 太宰府市・筑紫野市
旅日記・オススメ品( コミックDVD音楽ゲーム雑貨 )・酒と料理コラム

Copyright:(C) ANABA SPOT.All Rights Reserved.